顔に書いてある

ゆるく、楽に生きる加減を探ります。

両親への記念品

しばらく放置気味でした。体調は悪くはありませんが、ただ慌ただしくて😅

 

通販で購入した両親への記念品が届きましたが、両家の分2つ頼んだのに1つだけが届きました。大手百貨店がこんなミスをするのだろうかと信じられず、自分に非がありそうだとも思いまして、予め購入履歴や届け表などは何度も確認しました。しかし、やはり相手側のミスだったようで。すぐに問い合わせて、数量が足りない旨を伝えると確認後にとても丁寧な謝罪の電話が折り返しで入りました。式までの期間は余裕を持って購入していたおかげで、もう1つの商品も2日程で届くようです。よかった…。今日はたまたま気分も落ち込まず、自分なりにすぐに対処出来たので、問い合わせ先とも落ち着いて会話をしたと思います。必要以上に怒っているクレーマーにはなりたくないという気持ちもあって、あまり相手を責めない口調でお話できたかと。

 

肝心の中身はというと、結局夫婦箸にしました。塗り箸なのにモダンなデザインを選んだので、普段から使って貰えたらと思います。購入先は行ったことのない百貨店ですが、包装紙や紙袋がとても素敵なので、どうしてもそこから買いたかったんですよね。「ここの品なら、きっと良い物だろう」と感じて貰うことも、大切だと思います。

 

その記念品と花束を渡す予定です。私は母の好みは詳しく知っているので、お花屋さんとの打ち合わせで気に入って貰えそうなデザインを決め終わっていました。旦那さんは義母の好みのお花などは知らなかったようで、どうやら本人に直接聞いたのをお店に伝えたようです。男性は母親の好みを詳しく知る人は少なそうですね。

 

準備はまだ完璧でないにしろ、順序良く進められていて、そんなに焦らずに済んでいるのが意外です(笑)